ローズマリーの蕾と花

ここでは、「ローズマリーの蕾と花」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!



ローズマリーの蕾がまだ出てきています。
ローズマリーの花

ローズマリーの花

寒くても暑くても花が咲くローズマリーって不思議です。

挿し木して増やしてたけれど
株によって花が咲く時期が違うのも不思議です。

元は同じ木だったのに、切って他の土に植えたら
違う性質になったのか?

それとも同じ木でも全部の枝に
同時に花が咲くわけではないので
それぞれのタイミングがあるのか?

いつもローズマリーに花が咲いたとしか見ていなかったけれど
どの枝にいつ咲いたのか観察したら判るのかしら?

でもそれは難しいから出来ないだろうな。

【PR】
【ベルメゾンネット】

ポールハンガーアーム
関連記事
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!



コメント
この記事へのコメント
はじめまして。
ローズマリーを植えようと思っていたところ、こちらのブログに出会い、今までの記事を読ませていただきました。
大変参考になりました。

急で申し訳ありませんが「ローズマリーの剪定」について質問があります。

「高さ50センチ、根元から約8本の枝、立性」のローズマリーを購入し、地植えしました。
今のところ枯れずにいるのですが、8本の枝がそのままスッと伸びて、もうすぐ80センチぐらいになりそうです。

管理者様のようにふわっとした形にしたい場合は、剪定をすると知ったのですが、
どの枝を、どの程度、剪定すればいいのかがわかりません。

お時間のある時で構いませんので教えていただけないでしょうか?

2014/05/07(水) 00:51 | URL | コジマ #JalddpaA[ 編集]
こんにちは。
書き込みありがとうございます。

早速ですが、頂いた質問のですが
> 「高さ50センチ、根元から約8本の枝、立性」のローズマリーを購入し、地植えしました。
> 今のところ枯れずにいるのですが、8本の枝がそのままスッと伸びて、もうすぐ80センチぐらいになりそうです。
>
> 管理者様のようにふわっとした形にしたい場合は、剪定をすると知ったのですが、
> どの枝を、どの程度、剪定すればいいのかがわかりません。

コジマさんがお持ちなっているのは
立性のローズマリーとのことですが、

この記事のローズマリーのような形に
と考えられているのでしょうか?

この記事のローズマリーは枝がまっすぐ伸びる立性ではなくて
半匍匐性というのでしょうか?
立ち性とほふく性の中間タイプのモノです。

私も立ち性のローズマリーを持っていますが、
立ち性の方は私の力不足もあるのかもしれませんが
どんな風に剪定しても
枝はまっすぐ上向きに伸びて行っています。

脇芽ですら、ある程度横に出たらそれから先は
真上に向かって伸びていっています。

この記事のローズマリーはこの鉢の上に洗濯物を干すので
洗濯モノを干すのに邪魔にならない程度の
高さで切るというだけの基準で切っています。

お役に立てずに申し訳ございませんが、
立ち性と匍匐性の中間のタイプの
ローズマリーだと伸びた芽を適当に切って
いるだけでこんな形になると思います。

これでお答えになっているとは
思えませんが、申し訳ありません。
2014/05/07(水) 11:25 | URL | 園芸初心者 #-[ 編集]
管理人様

お忙しい中、大変丁寧な回答をありがとうございました。

私の勉強不足で、立性と中間タイプの違いが分かってませんでした。
お手数をおかけしてすみませんでした。
せっかく植えたローズマリーですので、このまま様子を見ながら大事に育てたいと思っております。

今後も、ブログを参考にさせていただきます!
本当にありがとうございました。
2014/05/07(水) 21:12 | URL | コジマ #-[ 編集]
私も最初にローズマリーを買った時には
3種類もあるとは知りませんでした。

我が家の立性のローズマリーも
ぐんぐんと背が伸びてきた時に
先端をチョキンと先端したために
脇芽だらけになってしまい
もしゃもしゃ状態になってしまっています。

先端を切らなかったらまっすぐに伸びてキレイだったかも
と思いますが、切ってしまったものは仕方がないですよね。

殆ど花も咲かないので
ブログ記事に書いていませんが
それでも香りを楽しんでいます。

拙いブログですがもしよかったら
読んでいただけると嬉しいです。
2014/05/08(木) 12:01 | URL | 園芸初心者 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://englishlavandula.blog44.fc2.com/tb.php/889-59de67f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。