今年のミニトマトの栽培方法

ここでは、「今年のミニトマトの栽培方法」 に関する記事を紹介しています。
昨年はミニトマトの天芽を折るアクシデントが何回かあり
その度に落胆していました。

しかし実は偶然にも
”低い背丈でたくさん収穫できる 連続2段摘心法”
だったことを偶然見つけた

家庭菜園で使えるトマト整枝法
というサイトの記事で解りました。

背丈を高く出来ないけれど
ミニトマトをどうにか育てたいとやっていた
支柱に巻きつける方法は

”斜め誘引”
というそうです。

昨年の真夏にちいさなももこが
サビダニ被害で天芽が枯れたかけた時に
偶然、摘まなかった脇芽を伸ばして
枯れるを防いだ経験から

今年は脇芽を摘み取らずに
天芽&脇芽両方を伸ばす栽培方法にしようと
思っていましたが
この”連続2段摘心方法”にしてみようかな?

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚
昨年のミニトマトは水を控えて育てました。
その結果、サビダニ被害でミニキャロルは枯れて、
ちいさなももこは枯れかけました。

それでも農薬を使わずにいたら

”いったいいつまでこんなことを・・・・
枯らしたいんですか?”

というコメントが書かれました。

植物を枯らしたくて育ていませんので
こういう風に受け取る方もいるんだと
思いましたが、

そのコメントに反論する気すら出なかったから
削除させて頂きました。

農薬を使うことは確かに簡単に対応できる
方法の一つだと思います。

無農薬にこだわっているというよりは
私は農薬を散布した後しばらく
喉に絡み付いた感じがして気持ち悪くなります。

だからなるべく使わないで、育てています。

アドバイスをコメント欄で頂いて
何回も枯れるのを避けられたことがあります。

アドバイスを頂けることはとても嬉しいのです。
やっていることが間違っている時に指摘して頂けると

間違っていることを知ることができます。

でも間違っているかいないかではなく
対処方法が違うということでの
批判は嫌だなって思います。

【PR】
赤松種苗

関連記事
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!



コメント
この記事へのコメント
こんにちは岩部です
あなたは何も間違ってはいません

それで良い
その観察眼と好奇心を持ち

「自分の頭で考えて動く」というのを
実践するのは
正しいことですわ。

私は「ラベンダー使い」を名乗るのに
17年ほど費やしました
まだまだ道は遠いのですが
最近は誰もコメントしてくれません。

たぶん
あまりにも実践的すぎて
一般的な「知識」の範囲とか
自分の「経験」の範囲では無くなった

「これはじーっと見とこうねぇ」と
いうところでしょう。

園芸初心者さまも
ご自分の理論と経験が
ある日突然「ひとつの結果」となる日

「やめないでよかったなぁ」と
思える日が来るのです。

まだまだ早い
ベランダ無農薬トマト栽培
何かを真似るのは簡単やけれど

何かを見て読んで
まずは自分の頭で考える
そして実践する

それは正しい
何も間違いではございません
そのまま、がんばれ

もう少しでゴールかも知れませんよ、うん。
2013/05/15(水) 18:44 | URL | こんにちは岩部です #-[ 編集]
ありがとうございます。

岩部さんにそう言っていただけて
心強く新しいことに挑戦する勇気を頂きました。

昨年、失敗したことを
今年はどうやって解決するか?
とか
狭いベランダで高さを出さないで
育てるにはどうしたら良いか?

などを考えるのが楽しみです。
どれも挑戦で実験になってしまうから
時には失敗や間違いをすると思います。

でもあれこれ試したりするのを
楽しみに育てていこうと思っています。

それでいつか”ご自分の理論と経験が
ある日突然「ひとつの結果」となる日”
に出会えたらいいなと思います。

17年の経験がある岩田さんから見たら
まだまだひよっこどころか卵ですが、
無知ゆえ出来る無謀なことをしながらも
自分の方法を見つけようと思います。





2013/05/16(木) 11:53 | URL | 園芸初心者 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://englishlavandula.blog44.fc2.com/tb.php/803-afac0c97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック