ゴーヤの保存方法と再利用方法

ここでは、「ゴーヤの保存方法と再利用方法」 に関する記事を紹介しています。
新聞に、ゴーヤの保存食の作り方と再利用の方法が載っていました。

保存食は、3ミリ位の幅に切ったゴーヤを
天日に干して乾燥させて作る方法と
冷凍庫にで冷凍保存する方法が載っていました。

ゴーヤの再利用方法は、
片づける時に
葉を取り除いたツルの部分でクリスマスリースを作る方法が書かれていました。

クリスマスリースを作る時のポイントは、

ツルが乾燥すると扱いづらいので水分がある間に作ること。
乾燥すると縮むので、しっかりと纏めておくこと。

の二つ。

松ぼっくりとリボンでクリスマスリース
その後は、リボンを取ってお正月の飾りにも応用可とのこと。
゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:

今年は気温が下がるのが速かったので、我が家のゴーヤは枯れ葉が多くなってきました。

枯れ葉が多くなってきたものの、
まだゴーヤの実が二つなっています。
ゴーヤ

片づけてスッキリしよう!と思いつつ、
もうちょっと実が大きくなってから・・・

と欲が出ていましたが、

新聞に、ゴーヤの再利用法と保存方法が載っていたので

もう、そろそろ限界かも・・・と諦めて
収穫を決意!

最盛期を過ぎたゴーヤの実は小さいし、もうなんとなくゴーヤを食べる気分ではなくなってしまったので、
新聞に載っていた方法で
乾燥して保存食を作ろう!と思い、収穫。
ゴーヤ

少し黄色く変色していて、触るとふかふか。

これは、食べられそうにないかも?
と切ってみると
ゴーヤの中身

綿がすっかり消えて、赤く種の周りを覆う膜?まで出来ていました。

ここまで、種が出来ているのなら、
どうせ食べられないし、干したら種として使えるかも。

種として使えなくて当たり前位に考えて
干して、乾燥させてみます。

私のゴーヤはコンパクトに育てたので
出来ませんが、
興味がある方はぜひ、ゴーヤのツルでクリスマスリースを作ってみてください。

【PR】
花と暮らしとギフト Floral Life
★【クリスマスリース】ラメ  S(24cm)*クリスマスはもちろん季節問わず飾れる【即日OK】クリ...
関連記事
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://englishlavandula.blog44.fc2.com/tb.php/574-c05702be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック