イングリッシュラベンダーの葉が黄色く固く

ここでは、「イングリッシュラベンダーの葉が黄色く固く」 に関する記事を紹介しています。
昨年の秋に挿し木をしたイングリッシュラベンダーの葉が黄色く固くなり
更に天芽が枯れてきました。
イングリッシュラベンダーの葉が黄色くなり天芽が枯れる


こうやって株全体を見ても天芽が枯れているのが
はっきりとわかりますが、

イングリッシュラベンダーの天芽が枯れている


原因がさっぱり判りません。
見当もつかない位に原因が判りません。

蒸れ?水切れ?
と考えてみても、今回は水切れをするほど
水やりを控えていません。

蒸れるほどでもまだ
気温は上がっていませんし
ベランダの中でも風通しの良いところに置いてあります。

そしてもう一つ。
イングリッシュラベンダーの葉が黄色く

黄色く固くなったイングリッシュラベンダーの葉


と黄色くなり、パリンと硬くなってしまった葉です。

以前おっさんラベンダーさんから
ヒドコート(イングリッシュラベンダー)は新芽が小さい時には
たまに芽が黄色くなることがあるということです。
中略
よく日に当てて適度な温度と水
それが一番です。
というコメントを頂いたことを思い出しました。

でもこのコメントを頂いたのは4月上旬です。
しかも新芽ではなくて、充分大きな葉です。

どうしようかな?
と考えた末にだした結論は

枯れた天芽はチョッキンと切り取りましたが、
黄色くなった葉はそのまま様子を見ることにしました。

本には書いていないことが
次々に起こる2年目のラベンダー生活です。

【PR】
ayanas
ayanasの植物は土に植わった生きている鉢植えの植物と雑貨のお店です。
この先ずっと、一緒に生活を送ることが出来る植物を揃えています。
現代の住空間に合わせた、インテリアグリーンとしての観葉植物。
少し変わった珍しいサボテンや多肉植物。
枝振りや草姿の個性的なものを扱っています。

ラベンダー関連記事
初心者にもわかりやすいラベンダーの本
イングリッシュラベンダーもハダニ
イングリッシュラベンダー挿し木から1年目のハダニ駆除の結果
関連記事
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!



コメント
この記事へのコメント
葉の先が痛むのは
根の先が傷んでいるからです。

葉の先は傷んでいないようですねぇ。

もしかしてこの株は
薬の袋に閉じ込めたあれですかい。
それなら
新芽が薬にやられましたね。
薬はほとんど強酸性です。

あと考えられるのは
肥料がうんと多いか
どこかで一度だけ水が切れたか

急に朝早くに低温になったか
カルシウムが不足したか

いろいろあります。
そのうちにラベンダーの声が聞こえるようになったら
わかる時が来ますからね。

今はじっと見て考えましょう。
明日のためにその一です。
2009/06/26(金) 19:29 | URL | おっさんラベンダー #-[ 編集]
ダニに吸われすぎたというのも
考えられますねぇ。
2009/06/26(金) 19:31 | URL | おっさんラベンダー #-[ 編集]
> 葉の先が痛むのは
> 根の先が傷んでいるからです。
>
> 葉の先は傷んでいないようですねぇ。

葉の先の傷みが根の先の傷みの
症状として現れてくるんですね。

また一つ植物にかんする知識を教えていただき
ありがとうございます。

> もしかしてこの株は
> 薬の袋に閉じ込めたあれですかい。
> それなら
> 新芽が薬にやられましたね。
> 薬はほとんど強酸性です。

>
> あと考えられるのは
> 肥料がうんと多いか
> どこかで一度だけ水が切れたか
>
> 急に朝早くに低温になったか
> カルシウムが不足したか
>
はい。あの薬袋に閉じ込めた株です。
もう時間が経っているのですっかり関係ない
と思っていましたが、
ダメージは時間が経ったころに
出ることもあるんですね。

肥料はラベンダー植え替えをしてから
液肥を含めて何もあげていないので

肥料が多いということは多分ないと思います。
8-8-8のモノを指で一つまみ位入れたかどうか
位の量を入れました。

> そのうちにラベンダーの声が聞こえるようになったら
> わかる時が来ますからね。
>
> 今はじっと見て考えましょう。
> 明日のためにその一です。

いつかラベンダーの声が聞こえるように
なるまでは
やっていいこと。
悪いことの区別もまだつかないので
少々ラベンダーには
過酷な状況にしてしまうかもしれませんが

耳を澄まして
観察をしようと思います。

ハダニに吸われ過ぎても
こんな風になるんですね。

覚えておきます。
ありがとうございました。


2009/06/29(月) 11:14 | URL | 園芸初心者 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://englishlavandula.blog44.fc2.com/tb.php/248-3a27563e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック