三つ葉のアブラムシ対策アルミホイルでキラキラ編

ここでは、「三つ葉のアブラムシ対策アルミホイルでキラキラ編」 に関する記事を紹介しています。
三つ葉のアブラムシ対策で困っていることを記事を書いたら
皆さんからたくさんのアドバイスを頂きました。

本に書いてあるのと同じ対策の方法でも
コツや工夫がされている秘策が組み込まれている
とっておきの方法を紹介していただいて

本当に嬉しく、ありがたく思えて感謝の気持ちで
いっぱいになりました。

ひと工夫すると効果が大きく変わってくるので
アドバイスをくださった皆さんが
色々と時間をかけて編み出した
秘策だと思うと本当に本当にありがとうございます。

という気持ちでいっぱいです。
今日は、私が思いついた!!!
秘策?をご紹介します。

まだ実験途中なので、効果はわかりませんが
こんなものを作ってみました。

アブラムシ対策 アルミホイルと支柱


秘策とは大きく言ってしまいましたが、
見えにくいとは思いますが

友人から頂いたラティス状の支柱にアルミホイルを
巻き付けただけです。

本当はデコ電の様な
キラキラの支柱とかガーデニンググッズがあればいいのですが
まだ出会ったことがないので

身近にあるもので似た(似ていないけれど)
ものを作ってみました。

そしてこれを三つ葉葉ネギの鉢へ

三つ葉と葉ネギのアブラムシ対策したキラキラ支柱


天才的な不器用な私が作ったので
ところどころアルミがほどけてしまっていたりと
最初からボロが出ていますが

念願のキラキラの支柱

になるはずでしたが、これを挿した日は雨の日でした。

キラキラするのをとても楽しみに
小学生の工作のような気持で作っただけに
残念でした。

3つある三つ葉の鉢ですが
この鉢には葉ネギだけを寄せ植え?しています。

私の想像の中では
葉ネギが成長して日陰を作り
柔らかな三つ葉が育つ

となる予定ですが、
現実はどうなるのでしょうか?

葉ネギの地上部と根の成長のスピード、
三つ葉の根はどの位の勢いがあるのか

未知の世界なので
予定通りにはいかないかもしれません。

でも三つ葉は地上部の成長が速いけれど
根の成長はそんなに速いようには
今の時点では感じていません。

デコ電のように”デコ鉢”(デコッパチではありません)
見たいにキラキラをつけた鉢があったら
アルミホイルをつけなくてもいいのに・・・

なんて考えるのは趣味が悪いですね。
三つ葉を植えた時に楽しもう♪
と思いましたが
まさかこういう方向に楽しむとは想像もしていませんでした。

【PR】
ガーデンマート
♪初心者さんのための上手な鉢植えの作り方など
初めてテラコッタで寄せ植えを作る時の方法が書いてあるコーナーや
愛用者の写真が掲載されているので、ヒントにしてはいかがでしょうか?

関連記事
三つ葉のコンパニオンプランツ?九条ネギの成長と葉ネギ
三つ葉のアブラムシ対策の続き
三つ葉のアブラムシ対策
関連記事
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!



コメント
この記事へのコメント
おもしろいからどんどんやってくだされ。
楽しいですねぇ。
2009/06/01(月) 18:11 | URL | おっさんラベンダー #-[ 編集]
すっごい上手じゃないですかぁ!
私は土にかぶせることを考えましたが
横着なのでそのままです。

うちもアブラムシ&コバエ王国なので
梅雨がくるのが恐ろしい・・・

試行錯誤で作ってるときって結構楽しいですよね♪
上手くいけばいいですね~。
2009/06/01(月) 19:59 | URL | asoutan #-[ 編集]
予想もしなかった方向で楽しんでいます。
かなり斬新な見た目が悪い姿へと
変化していますが、

そういう方向に行こう!
位の気持ちでいると見た目が
奇妙でもまぁいいかな?

なんて思ってくるので不思議ですね。
2009/06/02(火) 10:34 | URL | 園芸初心者 #-[ 編集]
何かないかな?と思っていた時に
デコ電のことを思い出して
スワロフスキーは無理でも
何かキラキラなものをつけたら
違うかも!

と思ってやってみました。
でもアルミホイルは長い時間触っていると
手が黒くなったり、巻いたハズのホイルがほどけて来たり
と30分位格闘しました。

ただ気持ちは小学生の工作の気分だったので
頭の中に描いているキラキラ支柱を
ひたすら目指して作りました。

そして、いざ!
と思ったら連日の雨。

がっくりしました。
でも新作へ向けて頭をひねっています。

でも見た目がどんどん斬新になっていくのは
困ります~
2009/06/02(火) 10:42 | URL | 園芸初心者 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://englishlavandula.blog44.fc2.com/tb.php/224-e6f59cf1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック