根がついている三つ葉を頂きました

ここでは、「根がついている三つ葉を頂きました」 に関する記事を紹介しています。
友人から山に自生する三つ葉を根がついている状態で頂きました。



今まで、三つ葉は八百屋さんで買うモノでしたが、
初めて三つ葉の栽培に挑戦してみることにしました。

頂いた時には、三つ葉の葉が立派だったので
上の部分は切ってお吸い物にして
根が残っているしたの部分を植木鉢に植えてみました。

三つ葉

白い方の鉢に植えた方は、少し葉を多めに残したので
写真に収まりきれませんでした。

三つ葉の葉が開く前

判り難いかもしれませんが
真ん中にもうすぐ開きそうな葉がありました。

三つ葉の葉がくるくると巻かれていて
まるでこれからお花が咲く蕾みたいです。

三つ葉の葉が開く

それがその2日後には葉が開いていました。

またブルーの鉢は
三つ葉の鉢植え

とほとんど葉を残さずに植えたのですが、

植えた直後には
まだ覗きこまないと見えなかった芽が
植えた直後の三つ葉の様子

三つ葉の芽が出てきました


地植えと植木鉢とでは規模ももちろん違いますし
土質も全く違うので活着してくれるか
と心配していましたが、今のところは成長が見られるので

ホッとしています。

それにしても売っている三つ葉と頂いた根付きの三つ葉とでは
味が全く違うことに驚きました。

三つ葉はほんのりと香るものだと
思っていましたが、

この三つ葉はしっかりと味のがして
野菜としていただくことができました。

根がついている部分を植えようと思っていたので
捨てる所も全くなく、茎まで美味しく頂きました。

茎は太さから考えるともっと
硬くて食べにくいのかな?
と思っていましたが、

お吸い物にすると
葉の部分よりもとろけて美味しかったです。

もっとこの三つ葉を食べたいので
上手く育てられたらいいなと思っています。

頂いた友人には、本当に感謝です。
ありがとう♪

【PR】
BeautyUPサークル
♪コスメショップではありません!
自宅で簡単野菜作り♪和心 盆栽セット 【三つ葉】などを取り扱っています。
関連記事
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!



コメント
この記事へのコメント
いいですねぇ。
あなたの探究心にはつくづく敬服いたします。
みつばですか。
いよいよ野菜のちょっとややこしいところまで踏み込んできましたね。
なにごとも経験ですからこむずかしことは言いません。
この野菜は水耕栽培が基本ですとだけお教えします。

鮮烈な香りとやわらかな食感を出すためには
花作りとは違うチッソ優先の育て方とそれに適した気候が必要ですが
何より
自分で育てた野菜であることが、それらを上回ることでしょう。
あなたのセンスなら
とにかくなんとかやってしまうことでしょうから。

私も少しは見習いたいものです。
それではまた。



2009/04/24(金) 20:55 | URL | おっさんラベンダー #-[ 編集]
三つ葉のお吸い物、美味しそうですね♪
それも自家製ならなお更。(^_^)b
やはり、山に自生しているものは香りが良いのでしょうね!
一度、味わってみたいです♪

切り口の中から、そ~っと出てくる新芽が何とも可愛らしくていいですね♪
美味しい三つ葉がたくさん食べられるように応援してま~す!(^o^)丿
2009/04/25(土) 12:42 | URL | yuukeisyu #-[ 編集]
そんなに偉いものではないのです。
今回は根と泥のついている
三つ葉を頂いたのでこのまま捨ててしまうのは
勿体ないと思ったので
植えてみました。

初めての経験なので失敗するかも
しれませんが
何事も経験と思ってやってみました。

水耕栽培が基本というとお水が好きな
植物なんですね。

今はまだ冬に土づくりをしてあったので
土に栄養があると思いますが
肥料切れする前に窒素を補給したいと
思います。

アドバイスありがとうございました。
2009/04/29(水) 15:33 | URL | 園芸初心者 #-[ 編集]
応援ありがとうございます♪
さすがに野生の三つ葉なので
とても濃い味がしました。

鉢植えにしてしまうと
そういう味は段々と薄くなってしまう
かもしれませんが
自家製ということを楽しみたいと
思っています。
2009/04/29(水) 15:35 | URL | 園芸初心者 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://englishlavandula.blog44.fc2.com/tb.php/186-52d85709
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック