肥料のタイミングを前倒ししました

ここでは、「肥料のタイミングを前倒ししました」 に関する記事を紹介しています。

先日、富良野かおりさんからコメントに書いていただいたり、
(富良野かおりさんのコメントのある記事は
レモンゼラニウムの苗の成長←こちら)
友人からベランダ青虫を発見したと教えていただいたりしても

”今年は暖かい”

としか思っていなかったのですが、
その意味に今更ですが気が付きました。

先日、とても風が強かった日ありました。
普段は鉢を家の中にはいれないのですが、

昨年挿し木をしたイングリッシュラベンダーの苗の小さい鉢だけは
風で飛ばされたり、倒れたりしたら危ないので
特別に家の中へ入れました。

最近は、花粉症のためにベランダに長時間いることが
できないので、じっくりと観察することも
もちろんできなかったので

チャンス!

と思いじっくりと家の中に取り込んだ
イングリッシュラベンダーの苗を観察してみました。
(後から時計を見ると約1時間も、鉢を見ていました。) 

ヒッドコートの苗

  徒長して、くたっとしているヒッドコート鉢の
マルチングのバークチップを持ち上げてみると

新芽が出ているイングリッシュラベンダー


真ん中にちょこんと小さい芽があるのが
判りますか?

これを見つけた時に最初は嬉しかったのですが、
本に書いてありました
一般的に耐寒性の植物は平均気温が5℃を超えると生育し始め
10~20℃が成長に適した温度といわれます。


というフレーズを思い出しました。

しかも、このことが書いてあるのは3月のお手入れのページです。
ここで初めて

”今年は園芸本よりも2週間から1か月で成長が早い”

ことに気が付きました。
そして、気温が例年の2月の気温ではないことにも。

考えてみると、レモンバームペパーミントの地上部が枯れていなかったり、
ローズゼラニウムレモンゼラニウムの苗の成長も
本の3月のお手入れの欄に書かれているような状態になっています。   

 そこで、少々戸惑いながらも、お手入れの前倒しを決めました。
お手入れと言っても私がしたのは

肥料をあげる

ことだけですが、
ゼラニウムもイングリッシュラベンダーも今年が初めての冬越しなので

私の中の ”いつもなら”
という経験値がないので、冒険の作業でした。

肥料をあげたイングリッシュラベンダー



折角の頂いたみなさんのコメントやアドバイスの中に含まれている
意味をきちんと考えないといけないと
と反省をしました。



【PR】
garden-ガーデン
♪かわいいキャラクターガーデンシリーズやホワイトスツール型花台などが揃っています。

関連記事
レモンゼラニウムの苗の成長
イングリッシュラベンダーの新芽が出てきました初心者にもわかりやすいゼラニウムの本
初心者にもわかりやすいラベンダーの本
関連記事
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!



コメント
この記事へのコメント
そうか~やっぱり!!!
春、早く来てるんだっ!
これは呑気にしてらんない。
春からのお野菜計画、しとかないとなぁ…。
2009/02/15(日) 20:38 | URL | れんげ #-[ 編集]
春は着ているみたいです。
花粉もいっぱい飛んでいます。

私も植木のお手入れ計画を急いで考えないと!
と焦っています。
2009/02/16(月) 10:17 | URL | 園芸初心者 #-[ 編集]
確かに、最近暖かいですもんね。
春一番が吹いた翌日は、すごく気温が上がって暑いくらいでした。

ハーブの苗の植え付けを暖かくなってから始めようと思っていたのですが、早めに準備したほうがよさそうですね。
2009/02/16(月) 10:56 | URL | メレンゲ #-[ 編集]
春一番が吹いた日の翌日は
本当に”暑い”日でしたね。

2月に暑いなんて変ですよね。
私もお手入れの計画の変更をしました。

急になので焦ってしまいますよね。

2009/02/16(月) 11:16 | URL | 園芸初心者 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://englishlavandula.blog44.fc2.com/tb.php/133-76f8d876
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック