日向と日陰に置いたローズゼラニウムの違い

ここでは、「日向と日陰に置いたローズゼラニウムの違い」 に関する記事を紹介しています。
ローズゼラニウムを一鉢、買って
その株から挿し木た双子のような二鉢です。

外壁塗装工事でベランダから鉢を移動した冬までは
ほぼ同じような背姿でした。

しかし、塗装工事が終わりベランダに戻した時に
日当たりが良い場所と日陰の場所に
置き場所を分けたら
現在の背姿が全く違ってしまいました。

日当たりのよい場所に置いたローズゼラニウム
日当が当たる場所に置いた株

日当たりが良い場所に置いたローズゼラニウム
背姿がこじんまりして”しまっている”感じがします。

でも日陰に置いてあったのは
日陰に置いたローズゼラニウム
日陰に置いた株

枝が徒長してぼうぼうになって
背姿が乱れているような気がします。

日が当たらないので少しでも日光を求めて枝を伸ばしたのかな
と思いました。

二つ並べて上から見ると
向かって左が日向に置いた右が日陰

向かって左が日向に置いたモノで、右が日陰に置いてあった方です。

上から見ても日陰に置いてあった方は
背姿が乱れていますね。

日向に置いたローズゼラニウムの蕾は
日向に置いたローズゼラニウムの蕾
日向に置いてあった株の蕾

蕾はふっくらしていますが花茎が伸びていません。

日陰に置いてあったのは
日陰に置いたローズゼラニウムの蕾
日陰に置いてあった株の蕾

枝がひょろひょろと伸びていて
蕾は小さいけれど、もうすぐ花が咲きますの合図の
蕾がおじぎし始めました。

今回は色々な都合で違いが出るとか考えずに
鉢を置きましたが、こんなに違いがあって驚きました。

日陰に置いて徒長してぼうぼうになっている
ローズゼラニウムは花が終わったら
剪定する必要がありますね。



【PR】
【ベルメゾンネット】

ソーラークローズゲートコーン
関連記事
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://englishlavandula.blog44.fc2.com/tb.php/1183-16d8777b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック