ローズマリーの収穫

ここでは、「ローズマリーの収穫」 に関する記事を紹介しています。
10月に根をばっさり切った株でただいま開花中のローズマリーの収穫です。
(根をばっさり切った時の記事は→ローズマリーが根詰まりのための植え替え
開花中のローズマリー


お花が咲くと香りも一段と強くなってくるので、
ベランダに出るたびにローズマリーの香りを楽しんでいました。

ローズマリーのお花

ローズマリーのお花の後と蕾


しかしお花を楽しんでばかりはいられないことにふと思い出しました。

株の回復のためには開花中に切った方が良い。

と、なんとなく読んだ本に書いてあったことを思い出したんです。

ローズマリーの開花時期は雨の少ない秋から冬なので開花、
結実によるダメージはやや少ないそうですが、
それでも開花するということはかなりのエネルギーを使うとのこと。

(開花時期が秋から冬とありますが、昨年夏にもこの株は開花しました)

株を傷めないためにも切った方が良いそうです。

そして結実すると、精油が揮発してしまうのでその前に枝の収穫した方がいいとのことです。

これだけだと、花を楽しまないで勿体ないと思いますが、
枝を切っておいた方が、春になって気温が上がり成長期になった時に
かえって生き生きとあたらしい枝葉を伸ばすので株の活性化にもつながるそうです。

ということで早速収穫!
収穫したローズマリー

本当は1/3から1/2位収穫した方がいいみたいですが、
今回は花のある部分を中心に切ってこれだけにしました。

収穫した枝葉は乾燥させてからお酢に漬けておいて、
花粉症の時にリンスとしてして使います。

そして収穫後のローズマリーの姿は
収穫後のローズマリー


とちょっとだけすっきりしました。
春に成長してくれると嬉しいな!
でも大きくなりすぎるのも困るなぁ・・・

【PR】
e-ティザーヌ
♪ハーブティー専門店のショップですが、ハーブの苗やナチュラルテイストのガーデニンググッズも多数取り扱っています。

関連記事
ローズマリーが根詰まりのための植え替え

関連記事
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!



コメント
この記事へのコメント
きれいなローズマリーですねえ!!
わがやのとは雲泥の差・・・。
ちゃんとかわいがるぞ、今年は・・・・。
あまりにも放置なので・・・・。
2009/01/07(水) 19:13 | URL | 富良野かおり #-[ 編集]
暮にちょっとした知り合いから、ローズマリが送られてきました。
50cm位の枝が10本程!
包みを開けたら、家中に芳香が漂いました。
彼女は畑のような広大なお庭を持っています。
今、すっかりドライになって(色はまだグリーン)、もっぱら“ピザパン”に乗せて食べています。
とーっても旨い!!
あなたがローズマリーを持ってるかなー、どうかなー、と、気になっていました。
私、これも欲しくなりました。
こんな可憐な清々しい花をつけるんですねー・・・
2009/01/07(水) 23:37 | URL | みつ子 #-[ 編集]
私も実はローズマリーには水やり位で手をかけていないんです…

この株が強い株だったのかな?なんて思っています。
2009/01/08(木) 13:20 | URL | 園芸初心者 #-[ 編集]
ピザパンにのせて食べるのって美味しそうですね。

我が家のローズマリーはひたすらリンスばかりに使っているので、今度食べる方にも使ってみたいと思います。

やっとローズマリーが欲しいって言ってくれましたね。

育てやすくて、いい香りで、使えるハーブなのでお勧めです。
2009/01/08(木) 13:27 | URL | 園芸初心者 #-[ 編集]
ローズマリーは焼肉をする時に、細かく刻んで肉にそのまま貼り付けて焼くと簡単で美味しいですよ~(^o^)/

我が家のローズマリーは、肥料も水遣りも何もしていませんが、こぼれ種で玄関脇のなんの変哲も無い土の所ですが、大きく元気に育っています^^
している事といえば、刈り込みだけです ^_^;
2009/01/08(木) 23:22 | URL | yuukeisyu #-[ 編集]
ローズマリーを焼肉の時にも使えるなんていい情報をありがとうございます!
今度試してみたいと思います。
簡単にで美味しそうですね。
2009/01/13(火) 14:51 | URL | 園芸初心者 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://englishlavandula.blog44.fc2.com/tb.php/107-56c91a8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック