ローズマリーの根を切って 花の後の植え替え

ここでは、「ローズマリーの根を切って 花の後の植え替え」 に関する記事を紹介しています。
半匍匐性のローズマリーの植え替えをしました。

今回、植え替えをしたローズマリー
昨年の秋からずっと花が咲き続いていた
立性のローズマリーではない方で、
手に入れてから挿し木をした株です。

最近、記事にしていなかったので、
なんとも上手く説明できません。

春先は花粉症が酷くて
咲いた花の後始末が出来なくて

蕾と一緒に花がらが写り込んで
綺麗な写真が撮れず
記事にしてはいなかったのですが、
ローズマリーの蕾

蕾を見つけては、
写真を撮って楽しんでいました。

花がらが写真に写り込んでいると
汚く見えるのでせっかくの蕾も
記事には使えません。

最近はやっと少しベランダの作業が
出来るようになったので

気になっていた花がらを
剪定を兼ねてばっさりと切り落として
植え替えをしました。

このローズマリーも大きくは育てられないので
鉢の大きさは変えずに土だけを替えました。

ローズマリーは根を触られるのを嫌う。

と聞いたことがありますが、
植木鉢を大きくしないで土を替えるということは
根鉢を切ることになります。

挿し木をしてから、
数年間も植え替え&土替えをしていないので
根がしっかり張っていました。

そのローズマリーの根を
固まっていた土と一緒にざっくりと切り落としました。

私の経験では
ローズマリー根を切っても
地上部も切った根と同じ位、
切り落とせば大丈夫
です。

ローズマリー 植え替え前
植え替え&剪定前

新しい土は赤玉土70%&腐葉土30%のブレンドの土に植えました。
ローズマリー植え替え後
植え替え&剪定後


花がらと根を切ったので地上部をキツメに剪定したので
少しすっきりはしましたが

背姿はイマイチなので
ちょっとづつ整えて行こうと思います。

【PR】
【ベルメゾンネット】

プランターラック
外側はフェルト+内側は不織布。
水捌けや通気性がよく、細かな布の繊維が泥を外側に通しません。
立ったまま水遣りやお手入れが高さ。
土が30L入る大容量ですが、
使わない時は厚さ約7cmとコンパクトに折りたたんで収納可能。
関連記事
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://englishlavandula.blog44.fc2.com/tb.php/1068-a81e94de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック