再びローズゼラニウムの花盛り

ここでは、「再びローズゼラニウムの花盛り」 に関する記事を紹介しています。
先日、たくさん咲いたローズゼラニウムの花を摘み、
いつもの年ならすぐに待機していた蕾が花を咲かせますが

今年は2回目に花が満開になるまで時間が掛かる
ことを書きました。

その記事を書いてから、
あまりそのローズゼラニウムのことを
気にしないようにしていていました。

そうしたら、いつの間にか再び
花がたくさん咲いて
ローズゼラニウムが満開になっていました。
ローズゼラニウムの花

一回目より少し花が少ないかな?
でも、せっかく咲いたけれど
花を摘むというか切って
ローズゼラニウムの花のあと

いつもの葉っぱだけのローズゼラニウムの姿に変身?

ベランダに花が咲いていて
緑色の中にピンク色の花が混ざっていると
それだけでなんか気持ちが少し明るくなります。

でも散る間際の花はやっぱりお疲れ感が見えるし、
花びらが散ってお掃除が面倒になります。

だから花が満開になったタイミングで
花を切り落としていますが

今年はもう一つ理由があります。

花が咲いている方の写真ではあまり目立たない
かもしれませんが

花を切った後の方のローズゼラニウムを見ると
枝の上の方にしか葉っぱが付いていません。

脇芽を出そうと何度か天芽を切ったりしていますが
中々思うようにはいかなくて
いつも枝の先端に葉っぱがくっついているだけ。

どうにか花の後の葉っぱがたくさん出てくる時期に
脇芽が出てくるようにしたいと考えています。

脇芽が出やすい時期なので、
花が出た枝の一番下の脇芽のところで切り、
株全体の背丈を低くしたら
脇芽が出やすくなるかもしれない。

と推測して、実行しています。

いつも書いていますが、
これ以上ローズゼラニウムの鉢を大きくして
大きく育てることは出来ないので
この大きさのままで背姿を整えようと工夫です。

本来ならもっと大きくなる植物を
こんな小さな植木鉢で育てていること自体が
無理なことだと思います。

それでもどうにかやってみようと思っています。
ローズゼラニウムには気の毒ですが
色々と試していい方法を探してみます。

【PR】
【ベルメゾンネット】

つなげるレンブロック 30パーツ入り
レンガに見えるけれど、レンガじゃない。
木から生まれた素材だから、軽いので扱いやすく
丈夫で雨にぬれてもOK。
関連記事
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://englishlavandula.blog44.fc2.com/tb.php/1067-6d0061c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック