イングリッシュラベンダー、ローズゼラニウム、レモンゼラニウム、レモンバーム、ペパーミントなどのハーブのお手入れと観察の日記です。
■今までの経過は AN OBSERVATION OF MY PLANTS
で紹介していますので もし良かったらそちらも経過として残してあるので覗いてみてください。
■PR
 
ベルメゾンネット

冬なのに、寒波が来て寒いのにハダニがいた
ラベンダーの強剪定をしました。

背姿が乱れているし、ハダニも一層できるかもしれないから
剪定するのに良い時期ということで
思い切った剪定をしました。

ラベンダー 剪定前
剪定前


ラベンダー 剪定後
剪定後

長い枝を一本残してありますが、
本当はすっきり切ってしまうことも考えました。

でも、この長い枝まで切ってしまって
枯れてしまったら・・・

と怖くなって残しました。

でもやっぱりちょっと気になる・・・

【PR】
大神ファーム
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!



12月に入って何回か寒波が来ていますね。
ローズゼラニウムも寒いよ~
と言っているかのように葉っぱが紅葉しています。
ローズゼラニウムの紅葉

これは写真用に手で日陰を作って写していますが、
晴れた日の日中は
ローズゼラニウムの紅葉2

こんな風に日当たり良好で
暖かい場所です。
ローズゼラニウムの葉っぱが
真っ赤になって寒い!寒い!
と言っているような紅葉を見るのが好きです。

【PR】
ハーブとアロマテラピー
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!



先日、冬なのにハダニがついていたラベンダーのことを書きました。

>>>ラベンダー 冬なのにハダニが!!

ハダニがいたので
他の鉢から少し離れた場所に置いて
隔離しながら

冷たい水で葉水をマメにしていたら
ハダニがいなくなったような感じ。

ハダニ撲滅!

と思って鉢の置き場所を元に戻して
何日かしてから見たところ
再びハダニがくっついていました。

ずっと何年も同じ場所をこ
ラベンダーの定位置としていたのですが、

その場所に置いておくと
ハダニが付くので定位置を隔離していた場所に
変えてみることにしました。

でもこのラベンダー
冬なのにハダニがついたラベンダー

こんなに背姿が乱れているので
調度12月で強剪定が出来るタイミングになったから
一度さっぱりするのもいいかも
と考えています。

【PR】
ファーム フローラル


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!



>>>土の熱湯消毒をした次に乾燥をしています。

台所の三角コーナー用の水切り袋に土を入れて
熱湯を掛けて漬けました。

そのままでは乾燥するのに時間がかかるので、
水切り袋の中の土を二つに分けました。

土の乾燥

ポットフィートとは言わないのかな?

鉢の下に敷いている台の上に
水切り袋の口を輪ゴムで留めて
日向に置いて乾燥しています。

しかし最近は空気が乾燥している冬なのに
週に1回位のペースで雨が降るので
少し長めに天日干しをしようと考えています。

水切り袋に土を入れてあるので
風が強い日でも散らばってしまうことはありませんが、
土が乾燥するのに伴って土埃のようなものが
台の下に落ちて貯まります。

ベランダが少し土っぽくなってしまいましたが、
乾燥が終わるまでちょこちょこと掃除して
作業が終了したらパイプユニッシュでお掃除をしようと思います。

自分で考えていた予定よりずっと遅れてしまいましたが、
夏に使った土の後片付けがひと段落して
ほっとしました。

【PR】
【ベルメゾンネット】

裏フリースパンツ


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!



もう師走なのに、まだ夏に使った土の後処理をしています。
土の熱湯消毒に興味がありましたが、
なかなかいい方法が思い浮かばなくって

先日のゴーヤの土のように
台所の生ごみ用の水切り袋に土を入れて
熱湯をかけてたりと試行錯誤中です。

今回は同じく台所の生ごみ用の水切り袋に使用済の土を入れてから、
植木鉢に入れて(水切り袋が破れた時の保険に)
熱湯に”漬けて”熱湯消毒をしてみました。
土の熱湯消毒

2リットルのやかんで2杯分の熱湯を使いました。

しかし、2リットルのお湯を沸かすのには
それなりの時間が掛かります。

1個のやかんで2回お湯を沸かしたので
厳密に言えば熱湯消毒ではなくて

熱湯をかけて、その後お湯に漬けた消毒
になってしまいました。

貯まっているお湯が予想以上に濁っているのは
水切り袋の濾過が甘いのかもしれませんが、
植木鉢が汚れていたのかもしれません。

【PR】
e-netshopガーデニングライフ
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!



今更ながらゴーヤの土の片付けの続きです。

そう、まだ夏のゴーヤに使った土の片付けが
諸事情で終わっていません。

寒波がやってきて本当に寒くなってきて、
ベランダに出るのが辛い日もあるので
合間をみて暖かい日に作業をしました。

土の片付けが出来ない理由の一つだった手湿疹は
処方された通りに塗るようにしました。

今までは
薬を塗る→良くなる→薬を忘れる→ぶり返す

を繰り返していましたが、
このままでは永久に治らない。

大げさな表現ですが、本当にそう思ったので
覚悟を決めて朝晩2回、ちょっと良くなっても
なるべく薬を塗ったところ大分落ち着いてきました。

それよりもmeryem さんに教えて貰った
使い捨てゴム手袋
が今回の作業が出来た大きな理由です。

使い捨てゴム手袋”は、
キッチン用やお洗濯用のゴム手袋よりも
手にフィットするので作業がほぼ素手の感覚ですることができました。

手にフィットするから隙間から土が入り込むことも
あんまり心配しなくて済んだので
とてもラクに作業をすすめることが出来ました。

今回は土の再利用に向けての処理は
ちょっと手抜きをしてベランダで
土を熱湯消毒することにしました。

ゴミや根っこと土をふるいで分けてから

大き目の鉢に台所の三角コーナーなどに使う
不織布の水切り袋を入れてから
その中に土を入れました。
ベランダで土の熱湯消毒


これに熱湯を掛けます。
ベランダで土の熱湯消毒

見た目はあまり変化がありませんね。

感覚としては
大きな植木鉢でコーヒーを淹れているような
感じです。

ただコーヒーと違うのは不織布の水切り袋の効果で
鉢から出てくる水(熱湯)が土で汚れていないことです。

鉢をどかしてみても
ベランダで土を熱湯消毒

陰で見えにくいかもしれませんが、
土の後が残っていません。

2リットルのやかんで3回、熱湯をかけましたが
これだけで消毒が十分かどうか?

足らなそうだったらもう何回か熱湯をかけてみようと
考えています。

年が明けるともう私の中では
花粉症カウントダウンが始まります。

寒くて辛いだけでなく
花粉症で鼻が敏感になるとちょっと土が舞っても
不快になるのでその前にやりたいと思っていました。

まだ土の乾燥など多々作業はありますが
やっとここまで出来て良かったです。

meryem さん便利なモノを
教えて頂きありがとうございました。

【PR】
ふじなみsquare
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!



10月に剪定をしたローズゼラニウムのその後です。
剪定後約1か月のローズゼラニウム


剪定をする前と直後の様子は
>>>ローズゼラニウムの剪定

水遣りをしている時に
綺麗な緑色の葉っぱがあるな~

と思って見たら
10月の終わりに剪定をしたローズゼラニウムでした。

他のローズゼラニウム2鉢よりも葉っぱが沢山あって
緑色が濃くて元気そうな感じがします。

やっぱり剪定は10月中の方が良かったのかな?

【PR】
【ベルメゾンネット】

ポールハンガーアーム
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!



なんとなくラベンダーを見ていたら、
ハダニが葉っぱにくっついていました。

この寒い時期にハダニ??

見直しましたが、やっぱりハダニがいました。

沢山、ハダニがついている枝とついていない枝、
少しだけいる枝があったので

沢山ハダニがついている枝は剪定を兼ねて切り落としました。

少しだけいる枝は、マメに葉水をして退治することに。
さすがにこの寒さ、葉水するお水も冷たいので
より効果的かもと考えました。

冷たい雨の日が続いたことと、
葉水でハダニが目につかなくなってきました。

しかし、油断大敵。
ベランダに出た時に葉水をするようにしています。

空気が乾燥しているとはいえ土が乾かないので
根腐れしたら困るので
この時期は文字通りの葉っぱだけに水をかけています。

幸いにしてハダニがいたラベンダーの背姿は
ハダニがいたラベンダー

かなり片方に偏って葉っぱが生えています。

鉢をちょっと斜めに傾けて、
水をかけると土にかからずに葉水が出来ます。

これって葉っぱが密集しているから
冬でもハダニがいるのかしら?

背姿が乱れているのでこれをきっかけに
剪定をした方が良いかも
とも考えています。

それにしてもこの寒空にハダニっているんですね。

【PR】
土っ子倶楽部

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!



今、花が咲いていない半匍匐性のローズマリーの葉っぱが
真っ赤になっています。
ローズマリーの葉 赤い


半匍匐性のローズマリーの葉っぱは寒くなると赤くなりますが
元の葉っぱの色の緑色が濃いので
赤紫色に見えることが多いけれど
今回のは真っ赤になっていました。

真っ赤なローズマリーの葉っぱが珍しいので
楽しんでいます。

不思議なことに木立性のローズマリーの葉っぱは
紅葉したことがありません。

多分、暑かったり寒かったりしているのでしょうが、
冬でも寒くないよ~って感じでいつもの通り。
夏でも暑くないよ~とおすましさんです。

それはそれでいつでも同じ姿を見せられる強さがあって
いいなって思いながら見ています。

【PR】
ハーブティー専門店 e-ティザーヌ


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!



以前、手湿疹のことを書いた時に、
meryemさんから
使い捨てのゴム手袋の存在を教えて頂いました。

フットケア外来で
直接患部を触る時にドクターが
使っているのを思い出しました。

しかし、なかなかそれ以外のところで使い捨てのゴム手袋なんてお目にかからない。

ドラッグストアなどで売っているとも教えて頂いたので
探していました。

親切な方でネットで
使い捨て ゴム手袋
と検索すれば出てくることも教えて頂きました。

しかし、私の手はとても小さいんです。
キッチン用の手袋でもMサイズだと指先がブカブカ。

もちろんネットでもサイズ展開はS・M・Lとされていますが、
初めての使い捨てのゴム手袋なので、
サイズの標準が解らず、
なかなか買うことが出来ませんでした。

ある時、近所のちょっと大きめのスーパーの工具などを扱っている売り場を
通りかかった時に

使い捨てのゴム手袋
サイズの見本付きで売っているのを見つけました。

何種類かあった中で選んだのは
オカモトグローブのゴム極薄手袋
使い捨てゴム手袋

ほぼ違いが判らなかったのでお値段が
一番安いのを選びました。

Sサイズですが、
使い捨てゴム手袋

指先はちょっと余っています。

まだ園芸には使っていませんが、
別の事で使ったら、大して気にする程でもありませんが
少し手首がめくれてきてしまいました。

しかし、使い捨てのゴム手袋だと
キッチン用のSサイズの手袋よりも馴染がいいので
違和感が少なく色々な作業が出来そうです。

meryemさん
便利なモノを教えて頂いてありがとうございました。

【PR】
プロキュアエース

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!