イングリッシュラベンダー、ローズゼラニウム、レモンゼラニウム、レモンバーム、ペパーミントなどのハーブのお手入れと観察の日記です。
■今までの経過は AN OBSERVATION OF MY PLANTS
で紹介していますので もし良かったらそちらも経過として残してあるので覗いてみてください。
■PR
 
ベルメゾンネット

ベランダの溝の掃除で鉢を動かした時に
ローズマリーの蕾がたくさんあるのを見つけました。
ローズマリーの蕾


花が咲き始めたね~
と思っていましたが

ベランダの柵から飛び出している枝は
普段見ることがないので
こんなにあるんだ!
とびっくりしました。
ローズマリーの枝

ベランダの柵からはみ出している枝に
蕾がたくさんついています。

こういうのを見るとやっぱり植物には
太陽の光が必要なんだ
と改めて思います。

ベランダの溝掃除をもっとマメにしていれば
もっと早く気が付いていたんだ。

とちょっと反省。

【PR】
【ベルメゾンネット】

ハンギングアーム
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!



キダチアロエの花がゆっくりと終わりました。

3日前は
キダチアロエの花

こんな感じで
もうちょっとかな~
と思っていました。

画像だと上手く違いが表現出来ないけれど
今日のキダチアロエの花は
キダチアロエの花の終わり
と上の方の花も咲き終わっているのがあるし、
なんとなくもう終わり感が出ているので
切り落としました。

キダチアロエの花が原因ではないことは
充分に承知していますが、

今回もキダチアロエの花の季節と私の体調の崩れが同じ時期でした。

今回の冬の場合は
寒波がくるタイミングと体調を崩すタイミングが
ピッタリとあっていました。

キダチアロエの花の時期=体調を崩しやすい時期=寒波がくる

という感じです。

しかし今までと違うことが一つ。
キダチアロエの花が咲いている間、
治らずにずっと風邪をひいていましたが、

今回進歩したことは、
風邪が治るのが早くなり、

風邪をひいている時と次の風邪をひく迄に
治っている期間があったこと。

風邪をひく回数は増えたけれど、
治っている期間があるとないとでは
大きく違います。

治っている時に、
お手入れとは言えない小さなことですが
枯葉をちょこちょこと取り除くことが出来たり、
水遣りが出来るからです。

たかが枯葉取り、水遣り。
時には面倒と思うこともあったけれど

出来なくなったことを経験して、
枯葉取りが出来て良かった
水遣りが出来て良かった

と感じました。

【PR】
【ベルメゾンネット】

ポールハンガーアーム


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!



ローズゼラニウムの葉っぱは寒くなって枯れる前に
ローズゼラニウムの葉っぱの紅葉

紅葉します。
でもレモンゼラニウムの葉っぱは少しづつ黄色くなって枯れます。
レモンゼラニウム

同じ香りを楽しむセンテッドゼラニウムなのに
どうしてこんなに違うんだろう?
なんとなく気になって
ちょっと調べました。

同じフクロソウ科ペラルゴニウム属。
でもペラルゴニウム属は大きく4つ分けられて
その中の一つが香りをもつ種類とのこと。

多数の原種と交配種があるそうです。

原種が数多くあれば交配種の種類も多くなるから
こんなに違いがあるのかなって思いました。

香りも葉っぱの形も違うなぁと思っていたけれど
そんな理由があるとは知りませんでした。

原種の数が多いと交配種って無限に出来そう。
もうこれ以上は鉢を増やすことは出来ませんが、
色々な種類を見てみたいなって思います。

【PR】
ファーム フローラル



にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!



ローズマリーの花が一段落したかも~
って思っていたのですが、

気が付いたら再び花が咲いていました。
殆どの花が太陽の方向を向いて咲いているので
ベランダの外側を向いています。

でもたまに
ローズマリーの花

ベランダの外側ではなくて
株の上を向いて咲いている花が咲くと
ちょっと嬉しいです。

花が咲いている株から挿し木をした株は
全く蕾すらつけていなくて
その代り?に葉っぱが紅葉しています。
ローズマリーの葉の紅葉

花をつけているローズマリーの株の葉っぱは緑色で
紅葉していません。

元は同じ株で
置いている場所もかなり近い場所で
ほぼ同じ条件なのに違うんですね。

挿し木をした株だから同じかと思っていたら
こんなに違うので不思議です。

植物にも個性があるんですね。

【PR】
ガーデニングshop岐阜緑園

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!



ずっと放置していたラベンダーの蕾がかなり色づいてきたので
踏ん切りをつけてきりました。
ラベンダーの蕾

真冬とは思えないきれいな紫というかブルー。

このまま花が咲いたらいいな

と思いつつも
株の体力を使って枯れてしまうのは
もっと困る。

で、年が明けて(!)年末にしなかった
ベランダのお掃除をしていた時に
え~い!
と切り落としました。

ほんのちょっとチョキンと切るだけなのに
決断するまでなんと時間が掛かったことか。

以前は慎重にしていたことが、
近年段々と勢いでやったり、

時にはなんとなく先延ばしにしていたことに
気が付き反省しました。

初心に戻って本を読みなおしてみようかな。

【PR】
楽天ブックス
【送料無料】ラベンダー [ 広田せい子 ]

【送料無料】ラベンダー [ 広田せい子 ]
価格:998円(税込、送料込)



にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!



キダチアロエの蕾の下の方の花が咲いたことに気づいてから
数日後、違う角度から蕾を見たら
キダチアロエの蕾

なんだか蕾全体の雰囲気が違う。

まだ花が咲いていない上の方でも
もう、ちょっとしたら終わりですっ!

って感じがしています。
蕾が剥げているっていうか・・・

なんだか蕾全体の中に小さな蕾がまばら。

キダチアロエの花って長い時間をかけてゆっくり咲いていく
印象があっただけに

あっという間って感じがします。

それとも私がそう感じているだけなのかな?

先日、記事にした足の爪のトラブルがあった5月から
私の時間というか時計が止まっている感覚がしていて

昨年の初夏から気持ちが止まっていて
季節や時間の経過の感覚が現実とずれています。

時間が経てば経つほどそのズレが大きくなっているから
余計に感じるのかもしれません。

爪が治って、体の感覚がその前に戻ったら
この感覚のズレが少しは埋まるかな?

と期待しています。

でも植物が葉っぱの色を変えて、
落葉している姿を見ていると
感覚がズレていても時間が流れている
と気が付きます。

変なことを言っていると思われるかもしれませんが、
そんな感じです。

【PR】
アヤハディオ ネットショッピング

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!



なんとなくですが、今年の冬はラベンダーの葉っぱが紅葉していない気がします。
ほとんどの株が
ラベンダーの冬の葉っぱ
こんな感じで、
ラベンダーの葉っぱの紅葉
こういう風に赤くなっているのは
ほとんどありません。

約3週間体調を断続的に体調を壊し
観察を怠っていたからかな?

考えもしましたが、
よく考えると観察を怠っていればいるほど
違いや変化に気が付くハズ。

ってことはやっぱり紅葉していないのかもしれません。

その期間で気づいた変かは葉っぱが枯れていたこと。
ぷっくりとしたシルバーグレイの葉っぱではなく
夏の薄い葉っぱが黄色くなって枯れたモノが多くありました。

普段はベランダに出た時に
目に付いた枯葉を取り除いていましたが

それを長期間しないと枯葉がかなり目立って
枯れていない葉っぱもなんだかって感じで
株が生き生きとしていなく見えました。

枯葉を取っただけで株がすっきりして
少し見栄えが良くなりました。

たったそれだけで変わるのなら
なるべくしたいと思います。

日常の手間とか手入れとか言えない位の
ことをしないとこうなるのかと判り、
改めて日常の大切さを実感しました。



【PR】
株式会社エス・クリエイト
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!



昨年、植え替えをしようと思った株を
一つも植え替え出来ませんでした。

ゴーヤミニトマト用の土を作って、
苗を買って植えた後に

ずっと植え替えをしていなかったローズゼラニウムの土を作るための
赤玉土腐葉土を買ったところで
体調を壊して(というと大げさですが)
体の都合で出来なくなりました。

このブログは植木のブログですが、
決して多くの人が困っている訳ではないけれど

少ないからこそ、
どうすれば良いのかわからない人が多いことを知ったので
この場を借りて書こうと思います。

私が昨年植木のお手入れが出来なくなったのは、
足の親指の爪のトラブルが原因です。

①足の親指の爪を削る度に化膿する。(連続3か月左足2回・右足1回)
②右足の親指の爪が二枚生えた。

大きく表現するとこの二つです。

一見、それだけなのに?

と思うと思います。

足の親指の爪が化膿すると
足に力を入れるのが難しくなります。

履ける靴も限られて、
痛い部分を庇って歩くので体中が痛くなります。

体が痛くなるとさらにその部分を庇って
の繰り返し。

それを断続的に3か月。

植木に水遣りをする時の態勢は前傾です。

無意識に足の親指に力が入る体勢ですが
それが出来ない。

さらに日常、無意識にそこを庇っているから
体中のあちこちが痛くなっていて

普段何気なく持っていたジョーロが
水遣りの前傾姿勢では重たくて持てなくなりました。

その他にもスリッパが履けないなど
想像すらしなかった日常生活に多々
支障が出ました。

前置きが長くなりましたが、
足の爪のトラブルについて書きます。

私は3件目にして現在通院している病院にたどり着きました。

大学病院の専門外来です。

通院している人と話をすると
ほとんどが町医者に通ってもダメだったので
自分で探してきたそうです。

一件目の町医者の皮膚科では”大したことない。”
でした。

二件目は大学病院のサテライトクリニックの
形成外科を受診しました。

そこでは爪が膿んで困ると話したけれど、
爪の膿を取り除いて

”また膿んだら来てください”
と言われました。

爪を生えなくする薬もありますが、
そこまでではないでしょう。

とも。

その頃にはもう体中が痛くて座っているのも
辛い状況になっていたので

又膿んだら来てください。
と言われても

もう膿んだら痛くて生きているのが辛くなっていました。

痛みの和らいだ短い時間にネットで偶然見つけたのが
フットケア外来です。

私のような爪のトラブルや外反母趾など
足にトラブルを持っている人の治療やケアをするところです。

一件目の町医者の皮膚科では
大したことない扱いだったのでドクターが
事の重大さを見抜けなかったのかもしれません。

しかし、大学病院のサテライトクリニックは
大学病院で診察しているドクターですが
フットケア外来というものが存在していることすら
話しませんでした。

フットケア外来の存在をいずれかの医療機関で
話して頂けたらもっと早く受診出来たと思います。

殆どの人が私と同じような経緯で
現在の大学病院のフットケア外来に来ています。

大学病院は紹介状がないと治療費のほかに
初診時に選定療養費として5,250 円必要です。

正直、5,250円は私にとっては安い金額ではありませんでした。

でもそれでもこのままでは辛いし埒が明かない!
と考えて行きました。

(外来に来ている方の多くが同じことを話しています。)

私が通っているフットケア外来では

①爪を切ってくれます。

爪を削る度に化膿すること3か月。
もう自分で爪を触るのすら怖くて出来なくなっていました。

②爪が肉に喰い込んで痛い部分に
セロファンや不織布などを入れて
痛みを抑える処置をします。

③爪が欠けている部分にはアクリル人工爪を付けて
次に爪が生えてくる時に陥入爪にならないようにします。

行く前は、爪をもがれるのも覚悟していきましたが、
自前の爪をなるべく使って治療する方針のようで
むしろ自分の爪を残しながらの治療をしています。

④足に負担のかかりにくい靴を装具として
健康保険適用で買うことが出来ます。

⑤足のトラブルを回避するための歩行教室があります。

一部自由診療ですが、
基本的には殆どの治療が健康保険適用です。

足のトラブルで悩んでいて
どこに行けばいいかわからずに困っていたら
フットケア外来
で検索してみるのも一つの方法だと思います。

フットケア外来を行っている病院は数少ないけれど
あります。

少しでも私の経験が役に立てばいいと考え
ブログのジャンルとは違うことですが書きました。

ただ爪は一カ月に1㎜しか伸びないので
治療に時間が掛かります。
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!



キダチアロエの葉っぱが紅葉しています。
キダチアロエの葉っぱの紅葉

今までどうだったのかすっかり忘れていて
寒いとキダチアロエの葉っぱも紅葉するんだ~
と気が付きました。

葉っぱが赤くなっている株もあれば
そうでないのもあるので
その時々で違うのかも?

そして今シーズン一つだけつけた蕾は
12月中旬には
キダチアロエの蕾

花が咲くのはまだまだかな?
という感じだったのが

年が明けてから見たら
キダチアロエの花

下の方は咲いていました。

早い時には花の咲き始めが
11月下旬~12月にかけてです。

今年は寒いと言われていて
実際に初雪が12月だったりしていますが
キダチアロエの花の咲き方はやや遅めです。

気温と花の咲き方はきっちり比例していないようですが・・・


キダチアロエの花の咲き方と私の体調は
不思議なことに割と比例してるような気がします。

11月は風邪をひかずに過ごしましたが、
12月にまず急性胃腸炎になり、
治ってホッとしていたら風邪をひきました。

そしてその風邪がやっと完全に治ったと思った
翌日の夜、再び風邪をひきました。

まぁ今までは一回風邪をひいたら回復まで一カ月かかっていたのが
短い期間で回復できたからこそ、
3回も体調を壊せたんだ。

と前向きなのか後ろ向きなのか
良くわからない発想で自分自身を納得させています。

気温とキダチアロエの花の関係よりも
花の咲き方と体調の関係の方が合致している疑問を
解決したくて考えた結果、

急な気温の下降があった時に体調を崩しやすくて、
花が咲くような気が・・・

実際に体調を壊すと気温が何度で
とか測っている余裕もなければ

花の様子を見る余裕もないので
なんとも言えないのですが・・・

そんな気がします。

【PR】
【ベルメゾンネット】

水やり当番カエル君(2個セット)



にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!



ローズゼラニウムの脇芽が出てきました。

ローズゼラニウムの脇芽

枝の上の方にちょこちょこと葉っぱが
あるだけで

下の方は葉っぱがなかったので
背姿をきれいにしたいと思って

時々思いついた時に天芽を切っていました。

まだ細いけれどローズゼラニウムの枝は
植木というよりも”木”みたいな雰囲気になので
脇芽は簡単には出ないかも。

と思いつつも
やってみよ!

とちょこちょこと天芽切りをしていました。

根元の部分に苔以外の緑があるのが嬉しいです。

この苔、一度は茶色くなって枯れたかも♪
と思ったこともありましたが
又寒くなって復活してきました。

土に苔が生えるってことは
水のやり過ぎかな?

【PR】
【ベルメゾンネット】

プランタースタンド(配達犬)
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!