イングリッシュラベンダー、ローズゼラニウム、レモンゼラニウム、レモンバーム、ペパーミントなどのハーブのお手入れと観察の日記です。
■今までの経過は AN OBSERVATION OF MY PLANTS
で紹介していますので もし良かったらそちらも経過として残してあるので覗いてみてください。
■PR
 
ベルメゾンネット

ミニトマトを植えていた土の振るいかけが終わりました。

少しづつだけれど、やって良かった。
終わった!

土の中にあまり根がなかったので
根が張らなかったから早く枯れたのかも?

と思いました。
そもそもミニトマトはあまり根を張らないのか?
それとも根が張っていないから枯れやすかったのか?

昨年のミニトマトの土の後片付けをした時も
根が少ないなって思ったことを思い出しました。

しかし鉢底に最後に残っていたのは
ミニトマトの鉢底

これ、細いけれど根です。
ミニトマトの根


なんで鉢底に根がこんなにあるの?
根が広がらずにそのまま鉢底まで伸びて
とぐろを巻いているって言う感じです。

これが普通なのかしら?

ゆっくり土の後片付けをやったから
根について考えることが出来ました。

地上部だけでなく、
根のことも考える必要がありますね。

でもどうやって??

【PR】
ケンコーコム
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!



ミニトマトの土の後片付けをしています。

上の方の土は赤玉土の形がそのまま残っていて
根が少ししかありませんでしたが、

鉢底石が見えてき始めたあたりから
土が細かくなって、根が目立ってきました。
(とは言ってもゴーヤとは比べ物になりませんが)

普通なら一度に片付けてしまう作業を
ポチポチと小分けにして何日かに分けてやりましたが

やっと鉢底石が見えて来るまでになりました。
土の後処理

8号鉢なのでそんな大きくはないので
土を振るいに移す時には
洗濯洗剤に入ってくる計量スプーンを使っています。

シャベルよりも軽くて少量の土をすくえて
便利です。

割り箸で硬い土をほぐして、
洗濯洗剤の計量スプーンで土をすくう。

おままごとのようだけれど、意外に使えます。

片手でふるいで土を振るうと手首や肩、首などが痛くなるので
困っていました。

そうだ!と両手でやったところ右手の負担が減り
大分ラクになった♪

と思いましたが、
体勢が悪い&筋力がないのとで

両手でふるいを使うと膝に負担がかかることがわかり
やっぱり一回の作業は短時間にしています。

最近、閃いた土ふるいの方法はこんな風に
土ふるい

ビニール袋の中にふるいを入れて
袋の中で使う方法です。

細かく砕けた土は網目からビニール袋に
直接入ります。(当たり前だけれど)

ビニール袋の口を塞いで
振るいをかけると土埃が舞うのも
押えられて便利です。

閃いた時はおおっ!大発見!

って思ったけれど、ちょっとしてから

もしかして気が付かなかったのって
私だけ?

とも思いました。
どうなんだろう?

【PR】
【ベルメゾンネット】

ポールハンガーアーム
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!



ゴーヤの土の後片付けがひと段落した次は
ミニトマトを植えていた土の片付けをしています。

数日間にわたり熱湯をかけて
熱湯消毒をしてから振るいにかけています。

ゴーヤを植えていた土は根が沢山張っていて
ガチガチに硬くてほぐすのが大変でした。

ミニトマトの土は
ミニトマトを植えていた土

こんな感じで細い短い根がほろほろとあるだけです。

カチカチになっていないので簡単にすくえて
振るいにかけることができます。

ゴーヤの土に比べると赤玉土が崩れていなくて
根が絡まっていないから捨てる部分が少なくて済みそうです。

植えた植物によって土がこんなに変わるんですね。

こちらも少しづつの作業ペース。
ポチポチと進めています。

【PR】
【ベルメゾンネット】

ビンテージ風プランター同色2サイズセット

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!



ハダニがいたラベンダーを強剪定しました。

葉水では冬でもハダニには効果がなかったので
冬なのに・・・

!!!

冬だし、姿が大分乱れていたので
強剪定してハダニがついている葉っぱも
一緒に切ってみようと考えてやってみました。

ラベンダーの強剪定前
強剪定前

ラベンダー強剪定後
強剪定後


鉢の向きを変えていないから
枝が日の方向を向いて斜めになっているのは
強剪定しても変えることが出来ませんでした。

枝が日の方向を向くのは自然のこと。
枝をまっすぐ伸ばしたかったら
鉢を一定の期間で回せばいいのですが
そこまでは出来ないのでそのまましています。

植物は自然と明るい方向へ太陽の方向へ
枝を伸ばしていける。

これって凄いなって思いました。

植物は言葉を話さないけれど
色々なことを教えてくれるなと改めて思いました。

【PR】
【ベルメゾンネット】

ベランダホウキセット
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!



花芽を切って冬を超える体力を使わないようにしよう。
と思っていたラベンダーですが、
気が付いたら蕾が大きくなっていました。
ラベンダーの蕾

寒くなる前にベランダの片付けを終えようと
ちょこちょことやっていましたが、

あっと言う間に寒さがやってきました。

少しづつでも計画的にやっていたつもりだったけれど、
途中で体調を壊して中断している間に

初冬から真冬の気温になってしまいました。

それでも少しづつ、
出来る範囲内でやっていこうと思います。

このラベンダーの蕾を切るのは
簡単なことですが、
気持ちの抵抗が・・・

冬を越す体力のために!
と思いきればなんてことないんですけれど・・・

でも・・・です。

【PR】
【ベルメゾンネット】

水やり当番カエル君(2個セット)
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!



切ろう切ろうと思っているものの、
なんとなく先延ばしにしていたラベンダーの蕾が
小さいながら色づいてきました。
ラベンダーの蕾

この寒いのに花が咲いたら体力を奪ってしまうかも。
と思いつつもそのままにしていました。

今年の夏は珍しくハダニがあまり発生せず、
ラクだったのですが、

夏に消石灰を何回も使わなかったのが
影響しているのでしょうか?

冬になってからハダニが葉の裏にいます。
あまりこの時期にハダニを見たことがないので
夏の消石灰が関係しているのかな?
と考えています。

夏のラベンダーの葉っぱは冬のよりも
厚みがないので葉の裏にいても潰しやすいのですが、

冬のぷっくりと厚みのある葉っぱの裏だと
見つけても潰しにくかったり
葉っぱごと潰してしまうこともあります。

面倒な時はハダニがついている葉っぱを
もぎることもあります。

空気が乾燥しているので消石灰
葉っぱに撒きたくなくって葉水をしています。

しばらく葉水をやって駄目だったら
いつもの消石灰作戦をしようと考えています。

【PR】
【ベルメゾンネット】

折りたためる洗い桶




にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!



5月末からずぅーーーーーーと
放置していたベランダは枯葉が溝に溜まって
苔が生えています。

この写真は枯葉をホウキで掃いた後です。
ベランダの溝

でも枯葉やごみが残っていています。
半分苔になったような土がついていて
ホウキでは取り切れません。

狭いベランダですが、
全体を一度にお掃除するのは
キツイので少しづつやり始めました。

私のベランダの溝のお掃除方法は、
①枯葉や土を取る。
②溝に水を注ぐ。
パイプユニッシュを流す。
④しばらく放置する。
⑤水で流す。

パイプユニッシュが半分苔のようになった土を
処理してくれて
ベランダの溝掃除
こんな感じになります。

溝のヘリに残っている苔を完全に取りたい時は
パイプユニッシュを流す
の後にデッキブラシみたいなモノでゴシゴシすると
綺麗になりやすいです。

これだけの手抜き掃除ですが、
!!!
と決心しないと出来ません。

全体を一度にするとなると大変ですが、
一か所だけって決めてやるのは
そんなに手がかからないのにも関わらず
放置しがちなのは駄目だなって思っています。

このパイプユニッシュ掃除方法は
雨の日の方が乾燥しにくいので
オススメです。

秋は葉っぱが枯れる季節なので
枯葉を取ってからやった方がいいと思います。

何も考えずにやったら、
鉢を移動して溝を掃除して
綺麗になったところに鉢を戻したら

枯葉がぱらぱらと落ち
全然掃除した後に見えなくて
がっくりしました。

【PR】
高品格アパレルSELLISHOP
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!



ゴーヤを植えていた土の後片付けの
”土にふるいをかける”
がやっと終了しました。

少しづつだけれどやったから
ここまでこれた!

と大げさだけど思いました。

残った鉢底石をいつものように
煮沸消毒しています。

煮沸消毒というと聞こえはいいけれど
土のついたままの鉢底石を何回か茹でこぼすだけです。

その後、乾燥するまで天日干しをします。
鉢底石の煮沸消毒


”茹でこぼすだけ”の作業ですが、

お水&鉢底石を何回かお鍋からざるへ移す作業を
何回か繰り返すと手首などを痛めるのと
乾燥させる場所がそんなにないので
何日かに分けてやっています。

何日かに分けてやらないで
一度に出来たらすっきりするだろうな
と思いますが

少しづつでもやっていると
いつかは片付け終わりますが
手を付けないとそのまま。

と自分に言い聞かせてやりました。

まだあとミニトマトを植えていた鉢がそのままになっているので

花粉症が始まる前までに終われるように
少しづつやっていこうと思います。

【PR】
ごようきき。クマぞう
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!



ローズマリーの花が夏から咲き続けています。

花盛りというほど数ではないけれど
ぽちっぽちっといつも花が咲いています。

ほとんどの花が陽の光の方向=ベランダの柵の方向
に向けて咲いているので
ローズマリー

写真に撮るとこんな風になります。

花を見て楽しむというよりは
花が咲いているんだなぁ

って思うことを楽しんでいます。

珍しく部屋側に向いて咲きそうな蕾を発見
ローズマリーの蕾

こっち向いて咲いてくれるよね!!

あ~でもこんなに花を咲かせ続けて大丈夫か??

【PR】
e-netshopガーデニングライフ


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!



切ろうかどうしようか考えるのを
すっかり忘れている間にキダチアロエの蕾が成長していました。
キダチアロエの蕾

オレンジ色に色づいてきましたが、
この写真は朝日が当たっているので
さらにオレンジ色に見えます。

長い期間、咲く花で
さらに地味に蜜が垂れるから

洗濯モノとの共存が難しいことを
考えると切った方が良いような気もするけれど・・・

鉢を移動する場所はないので
その選択肢はなし。

なんだか切るのに抵抗があります。

【PR】
重いレンガ配達します!「お庭の玉手箱」

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!



今年のローズゼラニウムは紅葉をほとんどしません。

葉っぱが赤くなる前に黄色くなり
気が付いたら茶色く枯れています。

やっと見つけた赤くなったローズゼラニウムの葉っぱがこれ。
ローズゼラニウムの紅葉

やっと出てきてくれた脇芽が紅葉しました。

でも葉っぱが赤くなった後って
枯れるような気がする。

やっと出てきた脇芽なのにぃ!
枯れちゃうのかな?
でもでもって思っていて

紅葉の写真が上手く撮れていなかったので
再チャレンジしようとしたら
ローズゼラニウムの紅葉その後

枯れていた。

【PR】
ハーブティー専門店 e-ティザーヌ




にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!