イングリッシュラベンダー、ローズゼラニウム、レモンゼラニウム、レモンバーム、ペパーミントなどのハーブのお手入れと観察の日記です。
■今までの経過は AN OBSERVATION OF MY PLANTS
で紹介していますので もし良かったらそちらも経過として残してあるので覗いてみてください。
■PR
 
ベルメゾンネット

毎年冬していた土の再生としての土づくりを今年はやっていません。

昨年の夏にゴーヤに沢山の奇形が出た時から
土の再生について考えていました。

>>>ゴーヤの雄花の奇形
>>>ゴーヤの花が雌雄一体?

カリウムを多く含むゴーヤ
カリウムとセシウムは元素構造が似ているから
取り込みやすいと言っていたことを思い出しました。

たまたま発芽した種が
奇形の遺伝子を持っていたのかもしれない。

でもそうでないかもしれない。
解りません。

自分なりに調べてたどり着く情報は

放射性物質は関係ない。
放射性物質の影響が出始めている。

どちらも極端に強い表現で書かれていて
怪しい感じがして信用できませんでした。

原発事故の後、ホットスポット情報をよく目にした時期がありましたよね。

地震の被災地ではない地域にも風向きなどで
放射性物質が飛散して
私が住んでいる地域もホットスポットとして報道されました。

近隣の地域で作っていた堆肥からも
基準値以上の数値が出たと新聞に載ったことありました。

匂いも色もない放射性物質だから
なんとなく平気という考えの人もいますが

放射線科の医師から
海藻の摂取、小魚など骨ごとの食べる魚の摂取
は安全が確認されるまで控えてください。

と言われたことを考えるとスルーできません。

野菜などについては何も言われていないから
私の気にし過ぎかもしれませんが、

まだ未知のことが多いので
後から障害が出てきて

あの時食べなければ良かった
と後悔したくないのです。

このことは賛否両論あるのは
重々承知です。

気にし過ぎ・神経質と思う方は
そう思って行動すればいいと考えています。

色々な考えの人がいるそれだけです。

これらの理由から原発事故の時に
ベランダに出していた土の再生をするのを止めました。

それ以降、手に入れた土は再生しようと考えています。

【PR】
ベランダを楽しむお店
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!



ちいさなももこが枯れて大分経ちますが、
最近まで片付ける気にならず
そのまま放置していました。

というのも枯れたとは言え
ちいさなももこの枯れた実

こんなに実がなっていたからです。

枝が枯れて細く茶色くなっているから
もう実が赤くならない
って頭では解っているけれど

その一方でもしかしたら
なんて思い踏ん切りがつかなかったんです。

しかしそんなことも言っていられない
花粉症の季節が近づいてきました。

花粉が飛び始めたら
飛散が終わるまで片付けれない!
と急いで地上部だけ切り取りました。

スギ花粉が飛ぼうとしている今は
寒波到来の寒い時期。

土をいじる作業はベランダ汚しになるような
強風が続いたり

雪が降ったりとベランダ滞在時間を短くするために
分業で作業を進めます。

1月になって風邪をひいている日の方が多いのも
作業が遅れている原因の一つ。

一カ月に2回というか
1回目の風邪が治っていなかったのか
判らないけれど

風邪ひいている・・・

寒いけれど日が長くなったり
ちょっとづつ春を感じていたけれど

スギ花粉という大きくて嫌な春の気配が
近いのが判る!

【PR】
charm



にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!



2~3日違いで再生を始めた豆苗に成長の違いが見えてきました。
豆苗

豆苗の成長の違い

再生を始めて2~3日は変化がなくて
その後ぐぐ~んと成長が始まりました。

芽を出すために2~3日間の充電が必要みたいです。

【PR】
楽天ブックス
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!



豆苗の再生を始めました。

しかし、気温が低いからでしょうか?
さっぱり成長しません。

成長に気が付かないだけ?
とは思えない。
豆苗の成長

片方が3~4日前に再生を始めて
もう片方が再生初日。

ぱっと見ただけでは違いが判りません。
良く見ると
豆苗再生

先に再生した豆苗には芽が出ています。

昼間は室内の陽があたる場所に置いてるけれど
のんびりやさんのなのかな?

【PR】
爽快ドラッグ




にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!



寒い日が続いていますが、年が明けてから日に日に
夕方暗くなる時間が遅くなっているなって思っていたら
ラベンダーを見たら小さな芽が出ていました。

ラベンダーの芽

ずっとお手入れをサボっていたから
枝には枯葉が沢山ついています。

スギ花粉が飛び始める前に
枯葉を取り除いて
早めの春の準備をしようと思います。

これから寒さ本番の季節ですが
植物は春の準備をしているんだなって思いました。

桜並木がある通りを歩いても
年末見た時よりも蕾が膨らんでいるような気がしました。

いくらなんでも早すぎるとは思いましたが
桜だって春になったからといって
急には花を咲かせられません。

まだ寒い時から少しづつ準備しているんですよね。

【PR】
めぶき




にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!



枝がすっかり茶色になった
ちいさなももこについていた赤い実を収穫しました。

萎れている実もありますが
この二つは大丈夫。
ちいさなももこの実

ややオレンジ色がかった赤です。

もう少し赤くなってから採ろうと
ちょっとづつ延ばしていたから
旬を逃しているかもしれません。

枯れているからもう旬ではないですよね。

味は良く言えば
うっすら甘くて酸味がなくて食べやすい。
悪く言えば水っぽく味がない。

一番美味しかったのは
初夏と秋に収穫した実でした。

夏野菜のトマトでも真夏の暑さは苦手
ということを知りました。

最初は強風が吹けば葉っぱが!!
と嘆き、

雨が降れば葉っぱが濡れないように
自分が濡れてもベランダに出て
ビニール袋で覆ったり

と色々なことがあったちいさなももこ。
小さなことに一喜一憂しましたが
楽しかったです。

まだ萎れていない実があって
片付ける気がしないのですが

さて、この土の再生はどうしようかしら
とちいさなももことの想い出を振り返りながら
考えています。

【PR】
園芸と花の器の店


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!



ちいさなももこが枯れました。
枯れたちいさなももこ

ちいさなももこの冬越し

過剰な寒さ対策でサビダニを増やしてから
霜よけカバーをどんなに気温が下がっても
使わなかったのが原因か?
雪が降るような気温には耐えられなかったのが
原因かは解りませんが

でも夏野菜のトマトが年を越しただけでも
いいかなって思う反面
もう少し寒さ対策をきちんとしていたら
もしかして・・・

とも考えます。

もっとしっかりと観察していれば
違った結果になると思うと残念ですが

ちいさなももこの栽培の新たな目標にします。
トマトの冬越えが出来るかどうか?
とかトマトの植物として限界とか色々あるけれど

今回は自分の中で観察不足を感じているから
限界はあっても挑戦してみよって思っています。

【PR】
ベランダを楽しむお店
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!



こぼれ種から発芽したローズマリーの記録です。

9月に紹介してからこぼれだねから発芽して約2年半経つ
ローズマリーは見た目で変化が解りません。

9月の記事>>>ひょろっと伸びたこぼれ種から発芽したローズマリー

こぼれだねからのローズマリー

でももうちょっと遡って昨年の2月と比べると
大分大きくなっているのが解りました。

2月の記事>>>ローズマリー成長しているのがわからないけれど・・・

記事のタイトルを
”成長しているのかわからない”
にしているところを見ると
長いスパンで見ないと判らない位なのは前からのようです。

そう!発芽したのを見つけてから
約2年半経って約5㎝。

そういうスピードなんですね。

ローズマリーの鉢の近くに置いてあるラベンダーの鉢でも
ローズマリーが発芽しています。
こぼれ種からローズマリー

ぱっと見では解りませんが
ラベンダーの鉢にローズマリー

ローズマリーは成長がゆっくりなので
しばらくはこのまま放置しておいて
大丈夫だとは思うので
ラベンダーの植え替えをする時に別の鉢に植え替えます。

【PR】
ガーデニングどっとコム


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!



ちいさなももこが年を越しました。

手に入れた時にはお正月まで実をつけている
とは想像してなかったので嬉しい予定外です。
1月のちいさなももこの実

一時霜よけビニールで寒さ対策をしていましたが

最低気温が0℃近くなっても霜よけビニールを使うと
サビダニが繁殖するから使うのを止めました。

夏野菜のトマトが冬まで実をつけたのだから
寒さに負けたら負けたで仕方ないと
考えられるようになりました。

12月のちいさなももこの姿
でも12月19日には緑色だった実が
ちいさなももこの実

小さいまま黄色くなっているのを見ると
もうそろそろ寒さに耐えられなくなっているのかな
と思います。

私は体感温度が他の人と違って
暑さに強く寒さに弱くて

(発表気温10℃で私の体感はマイナス30℃という位
体感温度が違います。)

マイナス30℃は初冬のウィスラーの夜と同じ位の気温。

自分の体感を基準にした
過剰に寒さ対策で秋冬にサビダニが増えた

と最初は思いましたが、

このちいさなももこが寒さに強いのかもしれません。

逆に考えると猛暑と言われた昨年の夏でも
自分が暑くなかったから

(35℃を超えると暖かいなって思って、
30℃だと若干涼しいと感じます。)

いくら夏野菜とはいっても少しは
暑さ対策をした方が良かったのかもしれません。

自分の体感温度で判断しないで
他の判断基準を見つけた方がトマトには
良いのかしら?

まぁでもお正月まで枯れずに育ったから
この栽培方法でも良いかな?


【PR】
ベランダを楽しむお店


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!