イングリッシュラベンダー、ローズゼラニウム、レモンゼラニウム、レモンバーム、ペパーミントなどのハーブのお手入れと観察の日記です。
■今までの経過は AN OBSERVATION OF MY PLANTS
で紹介していますので もし良かったらそちらも経過として残してあるので覗いてみてください。
■PR
 
ベルメゾンネット

すっかりお手入れ不足のイングリッシュラベンダーです。

この秋に挿し木をしたイングリッシュラベンダーたちの
植え替えをしようと考えていましたが
出来なかったので小さい鉢のままです。

まだ気温が高かった頃には
乾燥を好むといわれているにも関わらず
1日おき位に水やりをしないと

表面の土の乾燥はもちろん、
鉢も軽くなってしまう位だったので
とっても気になっていましたが
予想外のことで植え替え延期になりました。

一つ一つの鉢の状態を見るどころか
ベランダにも出ることが出来ない状況だったので
困りました。

まだ気温が高い間は
鉢の癖からの水やりの間隔で
しのぐことが出来ましたが

ある時から気温がぐぐんと下がり
すっかり秋から初冬モードになってしまい
今までの勘が全く効かない状況になりました。

そこで、
実行したのがバークチップによるマルチング。
これで表面からの土の乾燥は防げます。

気温が下がると
イングリッシュラベンダー自体はあまり水分を吸い上げないかな?
と考えて水やりの間隔もあけられるし
過乾燥も防げると思ってやりました。

このマルチングをしたことと
多分に気温が下がったことで
水やりの間隔は天気や気温によって
週に1~2回にしました。

もちろん、バークチップを土の上にのせる作業は
部屋に鉢を持って来て貰いやったので

お犬様ならぬ、イングリッシュラベンダー様様のような
扱いです。

それから少し体の自由が利くようになってきたので
イングリッシュラベンダーの鉢を覗いてみると

枯れ葉がいっぱいのイングリッシュラベンダー


鉢によって様々な葉の形をしていますが
このイングリッシュラベンダーの鉢は
すっかり徒長してひょろひょろとしていて
しかも枯れ葉もくっついていました。

まだ植え替えは出来ないけれど
せめて今出来ることをと枯れ葉を
取り除きました。

イングリッシュラベンダー


違いはあまり解りませんが

イングリッシュラベンダーの脇芽

脇芽の横にあった茶色くパリパリになっていた葉を
取り除いてすっきりしました。

植え替えが出来るようになったら
姿を整えるための強剪定を同時にしながら
一回りか二回り大きな鉢に植え替えを考えています。

【PR】
e-フラワー

関連記事
初心者にもわかりやすいラベンダーの本
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!



初夏にタネまきをしたバジルですが
もうすぐ12月になろうとして
やっと第一回目の種の収穫をしました。

長い間、例えバジルの種が出来ていたとしても
収穫をすることが出来なかったので
今考えるとちょうど良かったのかもしれません。

窓越しに時々眺めていましたが
花芽が緑色をしていて、
所々白い花が咲いている姿を見て

いつもなら早く!と思うのですが
今回はこのままゆっくりね!

と勝手なことを思っていました。

バジルの現在の様子は

11月下旬のバジル

とかなり葉も落ちていて
残ってしる葉も黄色になっています。

でも少し花芽を傾けて覗きこむと
バジルの種がなっている姿


この前見た時には
緑色だったのに黒いモノが見えました♪

(まだタネが緑色だった時の記事は
バジルの種熟成中かな?←こちら)

バジルの種が出来ました♪

今年の目標にバジルの種を採ること。
だったので、とても嬉しいです。

ハダニに攻撃されたりと様々なことが
ありましたが、
そんな時にアドバイスを頂いた
皆さん、本当にありがとうございました。

折角出来た種なので、こぼれダネにしないように
早速茶色になっているところだけ摘み取りました。

種を出している時に
バジルの種もしっかりと
毛で守られていることに気が付きました。

バジルの種と毛


今までソラマメを剥く時に
しっかりとした房で
中はふっかふかの綿毛に包まれているのを見て

ソラマメはファーストクラスの皮に守られているのに
他の種は・・・

なんて思っていましたが、
バジルの種も毛で守られていることを知り驚きました。

まだまだ少量ですが、
種を剥いていると

この黒い胡麻よりも小さい粒から
芽を出して葉を出して・・・

未来が詰まっているんだなぁ
と改めて考えると凄いなぁと思いました。

私は植木鉢で育てましたが
これがもっと温かい場所なら、
多年草として過ごしたり

畑の様な大きな場所なら
もっと枝別れをさせて大きな株になったり

育て方次第で変わっていくことを考えたりしました。

【PR】
園芸と花の器の店

関連記事
冬の土づくり(実験)
バジルの葉が反る
バジルの成長の違い(種まきした株と買ってきた株)
バジルの苗の植え替え
バジルの苗を買いました
バジルのタネまき第2弾の植え替え
バジルのタネまきから約2か月
バジルのタネまき第2弾
バジルのタネまき
バジルの花芽
バジルの花芽の成長
バジルの花芽がどんどん成長しています
バジルの花芽の成長ぐぐ~んと伸びてきました♪
バジルのお花が咲きました♪
バジルの蕾の写真
バジルのお花と種熟成中?
バジルの花芽の黒い点と白い糸状のモノが・・・
バジルの種熟成中かな?
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!



キダチアロエの花がついに咲き始めました。

キダチアロエの花


キダチアロエの花



キダチアロエの花


以前このキダチアロエの蕾が姿を見せると・・・

ということを書きましたが、

(その時の記事は
キダチアロエの蕾発見←こちら)

今回は腰を痛くしてしまい、
約3週間ほど寝たきりに近い生活を
していました。

そんな状態なので
秋の植物たちの成長を見るが
残念ながら出来ませんでした。

そして久しぶりにベランダに出たら
キダチアロエの花が咲いていたのを見つけました。

3週間かぁ・・・
なんて思ってふと横に目をやると

まだまだちびちゃんだと思っていた
2年位前に挿し木をしたキダチアロエにも蕾が出ていました!

キダチアロエの蕾


この蕾を見た時に
3週間も寝込んだのは、この蕾のせい?
と思ってしまいました。

他の植物の蕾を見ても
そんなことを思わないのに
どうしてキダチアロエの蕾にはそんなことを思ってしまうのか
自分でも不思議です。

【PR】
NISHIDAFLOWER

関連記事
キダチアロエの根詰まりの応急処置
キダチアロエの根詰まりの応急処置の結果
キダチアロエの蕾発見




にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!