カゴメちいさなももこ

ここでは、「カゴメちいさなももこ」 に関する記事を紹介しています。
■今までの経過は AN OBSERVATION OF MY PLANTS
で紹介していますので もし良かったらそちらも経過として残してあるので覗いてみてください。
■PR
 
ベルメゾンネット

2013年5月15日 (水曜日)まで
カゴメの公式HPでカゴメちいさなももこの苗プレゼントキャンペーンをやっています。

昨年、当選してカゴメちいさなももこを育てました。

途中サビダニ被害などもあったけれど、
初めて育てたにも関わらず
今年のお正月まで枯れずに実をつけていたから
強い品種だと思います。

抽選で5,000名ですが
もしよかったら応募して下さい。

詳細&応募>>>カゴメちいさなももこ
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!



昨年カゴメさんから頂いたちいさなももこの土を
やっと片付け始めました。

ずーーと放置していました。

新しい赤玉土腐葉土を使って育てていました。

ちいさなももこは地上部も成長していたから
きっと根もはっているんだろうな

と思って使っていた土を見ると
ちいさなももこの使った土

赤玉土の土の粒と段階構造が崩れて砂になったモノと
腐葉土だったであろう葉っぱみたいなモノしか見えません。

ふるいにかけてもほとんど根らしいものは見当たりませんでした。

しっかり地上部も成長していたのに
ミニトマトって根を張らないモノなんでしょうか?

もう一つのミニトマトミニキャロルの土は
再利用せずに捨てようと考えていますが
根っこが張っているかどうか見てみたくなりました。

ただ花粉症の私は土を触ると後がツライから
もう少し経ってからになると思います。

最近の記事では
もう少し経ってからとか花粉症が治まったら
とかばかり気が付いたら書いていました。

でもやっぱり土埃りはツライから
しばらくは何をしようか考えるだけにしておきます。

【PR】
ガーデニングどっとコム
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!



ちいさなももこが枯れて大分経ちますが、
最近まで片付ける気にならず
そのまま放置していました。

というのも枯れたとは言え
ちいさなももこの枯れた実

こんなに実がなっていたからです。

枝が枯れて細く茶色くなっているから
もう実が赤くならない
って頭では解っているけれど

その一方でもしかしたら
なんて思い踏ん切りがつかなかったんです。

しかしそんなことも言っていられない
花粉症の季節が近づいてきました。

花粉が飛び始めたら
飛散が終わるまで片付けれない!
と急いで地上部だけ切り取りました。

スギ花粉が飛ぼうとしている今は
寒波到来の寒い時期。

土をいじる作業はベランダ汚しになるような
強風が続いたり

雪が降ったりとベランダ滞在時間を短くするために
分業で作業を進めます。

1月になって風邪をひいている日の方が多いのも
作業が遅れている原因の一つ。

一カ月に2回というか
1回目の風邪が治っていなかったのか
判らないけれど

風邪ひいている・・・

寒いけれど日が長くなったり
ちょっとづつ春を感じていたけれど

スギ花粉という大きくて嫌な春の気配が
近いのが判る!

【PR】
charm



にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!



枝がすっかり茶色になった
ちいさなももこについていた赤い実を収穫しました。

萎れている実もありますが
この二つは大丈夫。
ちいさなももこの実

ややオレンジ色がかった赤です。

もう少し赤くなってから採ろうと
ちょっとづつ延ばしていたから
旬を逃しているかもしれません。

枯れているからもう旬ではないですよね。

味は良く言えば
うっすら甘くて酸味がなくて食べやすい。
悪く言えば水っぽく味がない。

一番美味しかったのは
初夏と秋に収穫した実でした。

夏野菜のトマトでも真夏の暑さは苦手
ということを知りました。

最初は強風が吹けば葉っぱが!!
と嘆き、

雨が降れば葉っぱが濡れないように
自分が濡れてもベランダに出て
ビニール袋で覆ったり

と色々なことがあったちいさなももこ。
小さなことに一喜一憂しましたが
楽しかったです。

まだ萎れていない実があって
片付ける気がしないのですが

さて、この土の再生はどうしようかしら
とちいさなももことの想い出を振り返りながら
考えています。

【PR】
園芸と花の器の店


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!



ちいさなももこが枯れました。
枯れたちいさなももこ

ちいさなももこの冬越し

過剰な寒さ対策でサビダニを増やしてから
霜よけカバーをどんなに気温が下がっても
使わなかったのが原因か?
雪が降るような気温には耐えられなかったのが
原因かは解りませんが

でも夏野菜のトマトが年を越しただけでも
いいかなって思う反面
もう少し寒さ対策をきちんとしていたら
もしかして・・・

とも考えます。

もっとしっかりと観察していれば
違った結果になると思うと残念ですが

ちいさなももこの栽培の新たな目標にします。
トマトの冬越えが出来るかどうか?
とかトマトの植物として限界とか色々あるけれど

今回は自分の中で観察不足を感じているから
限界はあっても挑戦してみよって思っています。

【PR】
ベランダを楽しむお店
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!