イングリッシュラベンダー、ローズゼラニウム、レモンゼラニウム、レモンバーム、ペパーミントなどのハーブのお手入れと観察の日記です。
■今までの経過は AN OBSERVATION OF MY PLANTS
で紹介していますので もし良かったらそちらも経過として残してあるので覗いてみてください。
■PR
 
ベルメゾンネット

>>>ローズマリーの花が咲いたの続きです。

ローズマリーの花が咲いた翌日、
蕾が開いて花が二つに。

ローズマリーの花が二つ


別の日、他のところで二つ花が咲いているのを見つけました。
こちらも、花が咲くまで気が付きませんでしたσ(^_^;)

ローズマリーの花が二つ 2


赤い丸印で囲んだところに花が咲いています。

ローズマリーの花


どちらの花もひっそりと咲いていて
目立ちません(/TДT)/


【PR】
【ベルメゾンネット】


ベランダ用ホウキ【ネット限定カラーあり】

ベランダの溝にぴったり入って、砂ぼこりもすっきり。
チリトリの持ち手は向きを変えられます。
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!



ローズゼラニウムの肥料がポロポロになりました。

ローズゼラニウムの肥料



青○で囲んだ白い物体が肥料。

置いた当初の肥料はこんな感じ。
ローズゼラニウム 肥料



見た目が悪いのでポロポロになった肥料は撤去を試みましたが
ポロポロなので手で持った瞬間にホロホロと崩れて
かすが残ってしまいました。

参考にしている本によると
6~7月に肥料を施した場合は今月はお休み。
9月になったら、肥料を置きます。


【PR】
楽天ブックス

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゼラニューム [ 柳宗民 ]
価格:1026円(税込、送料無料) (2017/3/5時点)


書かれた時と気候が違いますが、
必要なお手入れの方法など参考になることが載っています。
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!



水遣りの時にローズマリーの花が咲いていることに気がつきました。

相変わらず、観察が鈍いですσ(^_^;)

ローズマリーの花

今は一つしか咲いていないけれど、
裏側から見たら

ローズマリーの蕾

まだ蕾があるから少しづつ楽しもう。



【PR】
【ベルメゾンネット】

手袋スタンド
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!



少し前にひょうが降った翌日、ベランダに出たら
ローズゼラニウムの枝が折れていました。

折れていた枝は
折れたローズゼラニウムの枝
これ。
結構、大きい枝です。

折れた跡は
折れたローズゼラニウム
これ。
折れてから時間が経っているからでしょうか?
もうすでに、跡は乾いている感じがします。


残ったローズゼラニウムの株。
折れたローズゼラニウム

大きな枝が折れて、なんだかバランスが・・・

でもきっと大丈夫。
枝が一本、折れただけ。

【PR】
楽天ブックス

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゼラニューム [ 柳宗民 ]
価格:1026円(税込、送料無料) (2017/3/5時点)


書かれた時と気候が違いますが、
必要なお手入れの方法など参考になることが載っています。
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!



間が空いてしまいましたが
>>>実験 セスキでラベンダーのハダニ退治②の続きです。

現在のラベンダーの様子は
ハダニがついたラベンダー

これ。

天芽には
ハダニがついたラベンダーの天芽

ハダニはいない
v('ω'*v)ピースピース(v*'ω')v



葉っぱをめくってみると
ハダニがついたラベンダーの葉1


ハダニがいた跡は残っているけれど、
ハダニはいないヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

念のため、もう一枚葉っぱをめくってみたら

ハダニがついたラベンダーの葉2

ハダニがいたチ──・゚・(。>д<。)・゚・──ン!!


定期的にセスキ炭酸ソーダを水で溶かしたモノを散布。
一定時間置いてから、水で洗い流す。


完全にハダニを除去することは出来なかったけれど
今のところ、この方法でラベンダーを枯らさずに
ハダニが増えるのを防げているので
続けてみようと思います。



【PR】
楽天ブックス

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ラベンダー [ 広田せい子 ]
価格:1026円(税込、送料無料) (2016/10/23時点)



この本が書かれた当時とは気候が変わってしまいましたが
基本的なお手入れ方法が載っているので
参考にしている本です。

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
人気ブログランキングへ  ランキングはこちらをクリック!